外壁塗装で住居を生まれ変わらせる│マンションのお化粧

塗装時に使われるもの

住まいの外壁の変遷について

住まいの外壁の種類については時代の流れと共に変化してきています。 例えば昔は外壁としては木材が使用されていて、これが腐食しない様に黒い塗料を塗るなどして対応しており、これらの建物は現存する古い建物においても確認する事が可能です。 これ以降には耐食性に優れた塗装した鉄板を固定して外壁とする建物が多く建てられました。 そして最近においては耐熱ボードを固定して、この上に外壁塗装を行うタイプの住まいが多く建てられています。 このタイプの住まいは外壁塗装を定期的に行う事が必要なのですが、耐熱ボードは建物の保温性を保つのに優れていますし、また暴風雨などに対しても強いなどの利点があって多くの建物に採用されています。

外壁塗装は塗料の耐久性も大切なポイントです

新築で購入した住まいにおいても一定期間が経過しますと外壁塗装の塗料部分が劣化によって撥水性能が低下したり、或は汚れが付き易くなるなどしてきますので、リフォーム工事などで外壁塗装を塗り直す事が必要となって来ます。 また最近は気候が温暖化してきて、夏場の気温上昇や太陽光の強さが増してきている事も有り、従来に比べて耐候性に優れた塗料の開発が進められています。 これらの高機能な塗料は単価としては高いのですが、定期的に外壁塗装を塗り直すまでのインターバルを長くする事が可能となるなどメリットが得られるのです。 リフォーム工事を行う際は塗料のグレードを一定レベル以上のものにしておく事が、トータルとして工事費を安くする事にもつながるのです。

Designed by CSS.Design Sample